2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第4戦 公式予選
2020/09/19 -20 @ TWIN RING MOTEGI

ウエットコンディションとなった第4戦「もてぎ大会」の公式予選で阪口晴南が速さをみせ2連続PPを獲得

2020年のFORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP第4大会が9月19日(土)にツインリンクもてぎで開幕し、公式予選は#3 阪口晴南(Sutekina #3)がライバルを圧倒し2レース連続でポールポジションを獲得した。


大会初日は朝か曇り空となっていたツインリンクもてぎだが、公式予選の開始直前になって雨が降り出し、WET宣言が出されたなかでQ1が始まった。しかし、雨が降り出して時間が経っていないこともあり、#28 古谷悠河(TOM’S YOUTH)と#6 三浦愛(Super License)がスリックタイヤでコースインし路面が完全にウエットになる前にタイムを出す作戦に出たが、思った以上に路面の水の量が多く、2台ともピットに戻ってウエットタイヤに交換していた。

 

そんな中、ウエットタイヤでコースインしていち早く好タイムを記録したのが#3 阪口。計測1周目に2分00秒463をマークすると、翌周には1分59秒692を記録し、2番手以下に1秒以上の差をつけた。

 

一方、マスターズクラスは#4 今田信宏(JMS RACING)が2分04秒891でクラストップに浮上。そこからさらにタイムを詰めていこうとしたが、S字コーナーでスピンしてしまい、グラベルエリアに停車。自力での脱出が困難となりセッションは赤旗中断となった。

 

コースの安全確認がとれ、残り5分44秒のところでセッションが再開されたが、雨脚がさらに強くなったこともあり、各車とも大幅なタイム更新はみられなかった。結局、序盤にトップタイムを記録した#3 阪口がRace9のポールポジションを獲得した。2番手には#28 古谷、3番手には#6 三浦がつけた。マスターズクラスは#4 今田がトップのままでセッション終了。赤旗中断の原因を作ったためセッション再開後の出走は認められなかったが、同クラスでは#4 今田のタイムを上回る者がいなかったためRace9ではクラストップからのスタートとなる。

 

 

続けて行なわれたQ2では完全にウエットコンディションの状態からスタートし、各車とも積極的にタイムアタックを行なった。そこで今回も速さをみせたのが#3 阪口で計測するたびに自己ベストタイムを更新。最終的にQ1でのトップタイムを上回る1分59秒623を叩き出しRace10もポールポジションを奪った。2番手には#28 古谷、3番手には#6 三浦が続き、2レースとも同じ顔ぶれの上位グリッドとなった。

 

マスターズクラスでは#30 DRAGON(B-Max エンジニアリング)がクラストップにつけていたが、セッション終盤に#34 三浦勝(CMS F111/3)が2分03秒378を記録し#30 DRAGONを逆転。Race10でのクラストップスタートを勝ち取った。

 

 

Race9・10ポールポジション

#3 阪口晴南

Q1ではどのタイヤを装着するかはエントリーしている8台の中でも選択が分かれたくらいで、僕たちも悩みました。天気予報では、これから雨が降っていく可能性が高かったので、レインタイヤをつけました。しっかりと判断してくれたエンジニアさんに感謝です。走り出してどうなるか分からなかったですけど、他のカテゴリーでも雨には自信があるので、いってみてアジャストできればなと思っていました。決勝に向けては途中で天気が変わってしまうと運的な要素が出てきてしまいますけど、コンディションが安定していれば、スタートして1コーナーをトップで通過できれば勝てるかなと思いますが、気を緩めずに頑張りたいと思います。

Race9 マスターズクラストップ

#4 今田信宏

直前に雨が降ってきたので、セッティングとかはドライ用のセッティングのままでウエットタイヤに履き替えただけという状態でコースインしました。雨がどんどん降ってくるのが見えていたので、とにかく最初からプッシュしていきました。けっこう良いペースで走れていたんですが、ちょっとオーバースピードで突っ込んでしまって、白線に乗ってスピンしてしまいました。自分のミスですね。でも、ラッキーでした。

Race10 マスターズクラストップ

#34 三浦勝

Q1も手応えはあったんですが、これからペースを上げていこうという時に赤旗が出てしまいました。そこから雨も本降りになって満足にアタックができないまま終わってしまったので、心残りはあります。Q1の後半からピットでクルマのセッティングの見直しに専念しましたが、そこで車高とかけっこうアジャストできたので、Q2はうまくいきました。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved