2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第3戦 公式予選
2020/09/04 -05 @ Fuji Speed Way

第1大会ぶりの参戦となる阪口晴南がQ1・Q2ともにトップタイムをマーク

2020年のFORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP第3大会が9月4日(金)に富士スピードウェイで開幕し、公式予選は#3 阪口晴南(Sutekina #3)が2レースともにポールポジションを獲得した。

 

前回のSUGO大会では他のレースとの日程重複もあり、欠場するチームやドライバーもいたが、今回は開幕大会と同様に13台が参戦。うち6台がマスターズクラスでのエントリーとなった。

 

今回はピレリ スーパー耐久シリーズ NAPAC 富士 SUPER TEC24時間レースとの併催のため、公式予選は9月4日(金)の夕方に実施された。

 

まず第7戦のグリッドを決めるQ1では、#28 古谷悠河(TOM’S YOUTH)が1分37秒862の好タイムをマークするが、それを上回ったのは第1大会以来の参戦となる#3 阪口で1分36秒989を叩き出しトップに浮上した。これに現在ランキングトップにつけている#6 高橋知己(Super License)が0.024秒差に迫るタイムを記録し肉薄した。しかし、#3 阪口は翌周のタイムアタックでさらに速さをみせ1分36秒835をマークした。これでライバルに差をつけて、第7戦のポールポジションを勝ち取った。2番手には#6 高橋、3番手に#28 古谷が続いた。

 

マスターズクラスはセッション前半に好タイムを記録した#30 DRAGON(B-MAXエンジニアリング)が1分38秒953でFRJでは初のクラスポールポジションとなった。

 

10分のインターバルを経て行なわれた予選Q2。オーバーオールでは今回FRJ初エントリーとなる#86 小山美姫(Dr.DRY F111/3)がいち早く1分37秒台を記録すると、それを#39 岡本大地(SACCCESS RACING)が1分36秒974で逆転トップに躍り出た。

 

これに対し#3 阪口は入念にタイヤを温めてセッション終盤にタイムアタックを敢行。1分36秒525をマークし、自身がQ1で出したトップタイムをさらに上回ってみせた。その対抗馬である#6 高橋は途中まで十分なタイムを記録できていなかったが、最後の1周でしっかりとタイムを更新し1分36秒824を記録したが#3 阪口のタイムを破ることはできなかった。これにより#3 阪口は今季5度目となるポールポジションスタートを決めた。2番手には#6 高橋、3番手に#28 古谷とQ1と同じトップ3の顔ぶれとなった。

 

#3 阪口 晴南

他のドライバーはSUGO大会を経験して今回に臨んでいるので、昨日の段階で周りのレベルもすごく上がっているのかなと感じました。ただ、終わってみれば予選もポールポジションを獲れましたし、僕たちもパフォーマンス自体は良くなっているのかなと思います。開幕大会は出来すぎの内容だったので、あんなふうには行かないと思っていますが、決勝では危なげなくスタートを決めて少しずつでも引き離せるようにしたいなと思っています。(今回はS耐とダブルエントリーですが)体力的には問題ないです。それぞれのカテゴリーで自分がすべきことは違うと思っているので、そこを自分自身でしっかりと認識して臨みたいです。自分の今後のレース人生を考えても、すごく有意義な週末になるんじゃないかなと思っています。

#30 DRAGON

実はこのクルマでテストができていなくて、レースでしか乗っていない状態なんです。なので、どう操作すればクルマがどう動くかを理解できていなくて大変でした。今回はクルマのセッティングの方向性とかはエンジニアに任せる形でやりましたけど、最後はクルマ的には今までの中で一番乗りやすかったです。マスターズクラスも接戦で争っているので、そこも盛り上がればいいかなと思います。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved