2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第3戦 Race7決勝
2020/09/04 -05 @ Fuji Speed Way

Race7決勝は阪口晴南が安定した走りでポール・トゥ・ウィン。今季4勝目を飾る

2020年のFORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIPの第7戦決勝レースが富士スピードウェイで行なわれ、#3 阪口晴南(Sutekina #3)が今季4勝目を飾った。

 

今回はピレリ スーパー耐久シリーズのNAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースと併催ということもあり、午前9時10分といつもより早い時間から1レース目の決勝が始まった。

 

スタートではポールポジションの#3 阪口が好ダッシュを決め、ポジションを守ってTGRコーナーに突入した。#6 高橋知己(Super License)と#28 古谷悠河(TOM’S YOUTH)が2番手を争ったが、#6 高橋が2番手を死守。一方の#28 古谷は#39 岡本大地(SACCESS RACING)の先行を許し4番手に後退した。

 

一方、スタートでは数台がエンジンストールをした影響でマスターズクラスのトップからスタートした#30 DRAGON(B-MAX エンジニアリング)が出遅れてしまったが、すぐに挽回し3周目のTGRコーナーで#4 今田信宏(JMS RACING)をパスしマスターズクラストップを奪い返した。

 

総合のトップ争いは#3 阪口と#6 高橋の一騎打ちとなった。序盤か少しでも後続との差を広げることに努めた#3 阪口は4周目に1分37秒528を記録すると、その後も1分37秒台中盤の安定したペースで1周あたり0.1秒~0.2秒ずつ#6 高橋を引き離していった。

 

その後方では3番手争いも白熱。#39 岡本の背後に#28 古谷がつけ11周目のメインストレートで横にならんだ。そのまま2台はTGRコーナーを並んだまま駆け抜け、両者一歩も譲らないバトルを展開したが、最終的にコカ・コーラコーナーで#28 古谷が前に出た。

 

終始安定したペースで周回を重ねた#3 阪口は最終的に4.0秒の差をつけてフィニッシュ。今季4勝目を飾った。2位には#6 高橋が続き、3位は#28 古谷となった。

 

マスターズクラスでは#30 DRAGONが最後まで冷静なレース運びをみせ、総合6位に入ったのと同時にクラス優勝をマークした。クラス2位には#4 今田が入り、同3位には#11 植田が続いた。

 

#3 阪口 晴南

前回(第1大会)とはコンディションも全然違うので、僕の中では苦戦したかなと思います。スタートはうまく決められましたが、フォーミュラ リージョナルで富士のレースでは逆に後方が有利になる可能性もあるので、最初スリップストリーム圏内から離れるまでは、しっかりプッシュしようと思っていました。あとは後ろはあまり意識せず自分との戦いでした。2レース目に向けてはけっこう改善しないといけないポイントがあると思います。ライバルもどんどん速くなってきていると思いますし、こっちも成長を止めるわけにはいきません。そこはチームとうまく話し合って次に活かしていきたいです。

#30 DRAGON

スタートで前の2台がエンジンストールして、それを避けようとしてクルマが横に向いてしまいました。スピンしなくて良かったですけど、そこで出遅れてしまって今田選手に前に行かれてしまいました。でも、レースペースには自信があったし、1~2周で捉えられると思っていたので、焦らずにいきました。そのあとは最初に逃げてしまおうと思って、どんどん引き離しました。後半は相手のタイムも見ながらコントロールしながら走っていました。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved