2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第2戦 公式予選
2020/08/22 -23@ SPORT LAND SUGO

全3レース高橋 知己がポールポジション獲得!
追随不能な速さを魅せる。

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIPの第2大会が、宮城県にあるスポーツランドSUGOで開催され、8月22日におこなわれた公式予選では、#6 高橋 知己(Super License)が3レース全てでポールポジションを獲得した。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、第2戦の日程は、8月22日~23日(3レース)。開幕戦の日程が変更されたことにより、かなりタイトなスケジュールで行われることとなった。

そんな第2戦にエントリーしたのは、マスターズクラス4台を含む計7台。まずはレース展開をにぎる鍵となる、公式予選に臨んだ。

 

第2戦の予選は、各15分間のQ1、Q2形式でおこなわれ、Q1でレース1、Q2でレース2、Q2のセカンドベストタイムでレース3のグリッドがそれぞれ決定する。

 

曇ったり晴れたりと安定しない天候のなかスタートしたQ1では、今回からの参戦となる#8 根本 悠生(ZAP SPEED F111/3)が3周目に1分17秒台を記録してトップに躍り出るも、その直後に約コンマ4秒差で塗り替えたのは#6 高橋。その翌周には1分17秒165を叩き出し、自身の記録を更新する形でポールポジションを獲得した。2番手は#古谷 悠河(TOM‘S YOUTH)、3番手#8根本が付けている。

 

50歳以上のドライバーがエントリーするマスターズクラスでは、残り8分のところで#11 植田正幸(Rn-sportsF111/3)が1分19秒台をマーク。それに追従するように、ライバルたちも続々と19秒台を記録するも、植田のタイムを更新することはできず、そのままクラストップでチェッカーを受ける結果となった。

 

10分後におこなわれたQ2でも、開幕戦での失敗からタイヤの美味しいタイミングを学んだという#6高橋が、Q1での自己ベストを上回る1分16秒744をマーク。唯一の16秒台という圧倒的な力の差を見せつけ、レース2もポールポジションを獲得した。2番手は、残り5分のところで1分17秒315を記録した#28古谷、3番手には#8根本がつけている。なお、Q2でのセカンドベストでも#6高橋がトップだったため、3戦すべてのポールポジション獲得となる。

 

マスターズクラスもQ1に続き#11 植田がトップタイムをマーク。セカンドベストでもトップだったため、こちらも3戦連続でクラストップのグリッド獲得となった。

 

 

#6 高橋知己

まず、予選で16秒台を出せたことは、自分のなかで良かったと思います。昨日の段階で、17秒台の前半は見えていたので、そこの壁をクリアできたのは嬉しいです。ひとつ悔しいのが、昨日の練習でトラブルが出てしまい、1時間丸々走れなかったことで、それを走れていたらと考えると、もう少し行けたんじゃないかなと思います。富士では、スタートが苦手だったので、イメージトレーニングもしてきたし、決勝では前だけ見て突っ走ります!

#11 植田正幸

エンジニアたちがすごく頑張ってくれて、昨日の最後のセッションからクルマはかなり良くなっていたので、行けるんじゃないかな?とは思っていました。なんとか18秒台にも入れることができて、本当に良かったです。開幕戦の富士でも3レースともポールポジションスタートだったのですが、決勝はあまり良くなかったので、今回は決勝に向けていろいろとアジャストをして、3連勝を飾りたいです。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved