2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第2戦 レース6 決勝
2020/08/22 -23@ SPORT LAND SUGO

第2戦 Race6高橋知己が独走でポール・トゥ・ウィン!
Race5の雪辱を果たし、今季2勝目を挙げる。

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 第2戦 Race6 決勝が35分間(22周)で争われ、Race4同様#6 高橋知己(Super License)が優勝を果たした。

 

心配されていた雨も降ることはなく、晴天、ドライコンディションで始まったRace6。#6高橋はスタートを決め、トップのままTGRコーナーを抜けて独走状態を築いていく。午前中におこなわれたRace5と同じく3番グリッドの#8 根本悠生(ZAPSPEED F111/3)も好スタートを決めたものの、#6 高橋には届かず一つポジションを上げるに留まった。

 

そこから#6 高橋は全体ベストを更新し続ける速さを見せ、2位以下を一気に引き離していく。白熱したのは2位争いで、#8根本の後ろに#28 古谷悠河(TOM’S YOUTH)がピタリと食らいつき、オーバーテイクのタイミングをうかがい続けるように周回を重ねた。

 

#28 古谷のアベレージは前を走る#8 根本より、コンマ数秒速く、仕掛けるのも時間の問題かと思われた21周目のハイポイントコーナーで、痛恨のオーバーラン。縁石に乗ったマシンを上手く立て直すことができず、#8 根本とのギャップを広げてしまう。

 

マスターズクラスは、Race4、Race5に続きRace6でも#4 今田信宏(JMS RACING)が渾身のスタートでクラストップの#11 植田正幸(Rn-sportsF111/3)をパスすると、#30 DRAGON(B-MAXエンジニアリング)もそれに追随。2台ともに1つずつポジションを上げ、周回を重ねるも#4 今田のペースが良く、#30 DRAGONはじわじわと離される苦しい展開となる。その流れはレース終盤まで変わることはなく、#4 今田は最後まで逃げ切り、クラストップでチェッカー受けた。

 

レース序盤から独走状態を続ける#6 高橋は、その後もペースを落とすことなく走り続け、2位以下を5秒以上引き離して最終ラップのコントロールラインを通過。ミスのないクレバーな走りと絶対的な速さを披露する形で、今季2勝目を挙げた。2位は#8 根本、3位#28 古谷と続く結果となる。

 

マスターズクラスは#4 今田が優勝、2位#30 DRAGON、3位#11 植田の順にチェッカーを受けた。

 

#6 高橋知己

第2戦は毎回スタートが課題で、朝のレースでは根本選手にやられてしまったので、エンジニアさんと色々と話し合って、3レース目にしてやっと抜群のスタートが切れました。その後は、後ろを気にせずにただ突っ走ったら、後続ともかなりのギャップが築けたので、自分としては合格点かな?と思います。周りがニュータイヤで走った中、僕はユーズドタイヤだったので、その点を含めてもいいレースができたと思います。今回は2勝だったので、次は3勝を目標に頑張ります。

#4 今田信宏

今回もスタートで、植田選手を抜かせて良かったです。朝のレースでもスタートは良かったけど、タイヤを暖めるのに失敗して上手くいかなかったので、今回はアウトラップと1周目でしっかりと暖めました。午後は22周と長いレースだったので、15周を過ぎたあたりの後半戦がキツくなるのが嫌だと思い、最初に後続を引き離し、レース中はタイヤをコントロールしながら走るという戦略を立てていて、その通りバッチリ行けたので、いいレースだったと思います。この後も、シリーズチャンピオン目指して頑張ります。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved