2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第2戦 レース5 決勝
2020/08/22 -23@ SPORT LAND SUGO

第2戦 Race5決勝は根本悠生が大躍進!
渾身のスタートダッシュで経験の差を見せつける。

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 第2戦 Race5 決勝が25分間で争われ、#8 根本悠生(ZAPSPEED F111/3)が優勝を手にした。

 

朝から暗雲が立ち込め、降雨が心配されるなかでのスタート進行が始まるも、一気に晴れ間が覗き、少し蒸し暑いドライコンディションで開始されたRace5 決勝。

 

驚くべきアグレッシブさで、スタートを決めたのは#8 根本。同じく好スタートを決めたポールポジションの#6 高橋知己を抑え、一気にトップに躍り出ると、そのままレースをリードする展開となった。

 

#8 根本と#6 高橋の差は約コンマ4秒。逃げる#8根本と追う#6高橋の構図は、そのままレース中盤まで繰り広げられた。

 

そんな拮抗したレースに動きがあったのは、14周目頃。急なエンジンのパワーダウンにより、#8 根本にピタリと付けていた#6高橋のペースが一気に落ち、15周目を終える頃には2秒以上のギャップができてしまう。

 

そこからは#8 根本の独走状態で、ヒート1で苦しめられたタイヤマネジメントが嘘のような快調な走りを見せ、トップでチェッカーを受けた。

 

マスターズクラスは、#4 今田信宏(JMS RACING)が渾身のスタートダッシュで#11 植田正幸(Rn-sportsF111/3)と#28 古谷悠河(TOM‘S YOUTH)をパスし、一時は総合3番手まで順位を上げるも、2周目のレインボーコーナーで痛恨のミス。少しはらんだ隙を突き、#11 植田がアウト側からオーバーテイク!クラストップに浮上すると、#30 DRAGONもクラス2位と順位を上げることに成功。

 

その後#11 植田は、#30 DRAGONと#4 今田のクラス2位争いを尻目に、独走状態でチェッカーを受ける結果となった。

 

レース終盤のマシントラブルにより、ペースを落とし続けた#6 高橋は、後ろを走る#28 古谷にコンマ3秒の所まで迫られるも、なんとかポジションを守り切り2位。古谷は3位でチェッカーを受けた。

 

マスターズクラスは#11 植田が優勝、2位に#4 今田、3位に#30 DRAGONという結果となる。

 

#8 根本悠生

昨日もスタートは良かったのですが、僕個人としてはもう少しよく出来ると思っていて、昨日の夜にいろいろとチームと相談し、ここまでなら行けるかな?という所までスタートをさらに頑張ってみたら上手くハマって、トップに出ることができました。でも多分、高橋選手のマシンにトラブルが出ていて、純粋に100%速さで勝てたかと言うと、分からないです。ただ、僕個人としては、昨日はかなり悩まされたタイヤマネジメントで、後半まで割といいペースをキープできたことが良かったです。一晩で、これだけタイヤを機能させることができるセットアップを作ってくれたチームに感謝しています。午後のレースでは、もっともっとクルマもドライバーも速くなれるように頑張ります。

#11 植田正幸

今まで、フォーミュラーリージョナルとしてはレースを5回やっていて、全てポールポジションで来ていたのですが、なかなか勝てなかったので、なんとか1勝してリズムを作りたかったので、本当に良かったです。メカニックがすごく頑張ってくれて、セットをいろいろと変えてくれて、決勝に向けては良いアジャストをできているので、この調子で午後のレースも行きたいです!あと1つ、優勝をゲットできるように頑張ります。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved