2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第1戦 レース3 決勝
2020/08/02@ Fuji Speed Way

阪口晴南が第3戦でも強さをみせ独走優勝、開幕ラウンド3連勝を飾る

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIPの第3戦の決勝が15周で争われ、#3 阪口晴南(Sutekina #3)が第1戦、第2戦に続きポール・トゥ・ウィンを果たし、開幕3連勝を飾った。

 

前日の2レース同様に曇り空の中で始まった第3戦。スターティンググリッドは 公式予選Q2のセカンドベストタイム順 で決められ、#3 阪口がポールポジション、2番手に#6 高橋知己(Sutekina #6)がつけた。

 

今回も好スタートを決めた#3 阪口はトップでTGRコーナーを通過。2番手に#6 高橋が続くと、5番グリッドの#5 金丸ユウ(Sutekina #5)が第2戦同様に好ダッシュをみせ3番手に浮上した。

 

この第3戦でも#3 阪口が1周目から後続を引き離しにかかるが、#6 高橋も食らいつく走りを披露。それでも#3 阪口のペースが安定しており、レース中盤に入るにつれて両者の差は少しずつ広がっていった。

 

一方、マスターズクラスでは#11 植田正幸(Rn-sportsF111/3)が先頭でレースが始まったが、序盤を勝負どころと考えていた#4 今田信宏(J-MS-RACING-SAR)が2周目のダンロップコーナーで#11 植田を抜きクラストップに浮上した。そこにクラス5番手からのスタートだった#30 DRAGON(B-MAXエンジニアリング)も順位を上げ、3周目に#11 植田をパス。クラス首位の#4 今田の攻略にかかった。一時は2秒後方まで迫られた#4 今田だったが、そこから意地の走りをみせ#30 DRAGONを振り切り、少しずつリードを広げていった。

 

オーバーオールの上位争いでは#8 篠原拓朗(Sutekina #8)と#78 阪口良平(Field Racing)の5番手争いが白熱した。#78 阪口が何度も#8 篠原の攻略を試みるが、横に並びかけて前に出るには至らず、順位の変動がないままレース終盤に突入していった。さらに#5 金丸と#28 古谷悠河(TOM’S YOUTH)の3番手争いでも1秒を切る接近戦となったが、こちらも2台がサイドバイサイドになるシーンは見られなかった。

 

後続でバトルが繰り広げられる中、トップの#3 阪口は着々とリードを築き、ファイナルラップでは1分37秒211のファステストラップを記録しフィニッシュ。開幕ラウンドの富士大会を完全制覇する3勝目をマークした。2位には#6 高橋、3位には#5 金丸が続いた。

 

マスターズクラスは最後までトップを守り抜いた#4 今田が第1戦に続いて2勝目をマーク。2位に#30 DRAGON、3位に#11 植田となった。

 

#4 今田信宏

DRAGON選手が追い上げてくるのは分かっていましたし、スタート直後とかで彼に背後につかれて2番手争いになってしまわないように気をつけました。(DRAGON選手が)植田選手とバトルしている間になんとか引き離そうと思って一生懸命走りました。第1戦はラッキーな部分があっての勝利でしたが、今回はきっちり走り切って勝てました。DRAGON選手や植田選手といった速いドライバーが参戦しているなかで、こうして勝てたというのは嬉しいですね。

#3 阪口晴南

今回は新品タイヤで出走していたので、序盤にいいタイムが出せるというイメージでしたが、昨日の序盤のペースと比べると少し劣っているポイントがあったなと思いました。そこは次に向けて改善しなければいけないなと思っています。僕の中ではレース2が大満足な結果だったので、レース3に向けて少し攻めたクルマの(セッティングの)変更を行ないました。その確認もできたので有意義なレース3でした。これから、この選手権が盛り上がればいいなと思いますし、途中から参戦してくれる選手もいれば僕たちとしても嬉しいです。すごく伸びしろのある選手権だと思うので、楽しみにしています。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved