2020 FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIAにより策定された世界規格の新型車両による
FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP がいよいよスタート。

2020 第1戦 レース2 決勝
2020/08/01@ Fuji Speed Way

レース2も阪口晴南が後続を突き放す独走劇を披露。
2位以下に16秒以上の差をつけ2連勝をマーク。

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIPの第2戦の決勝が15周で争われ、#3 阪口晴南(Sutekina #3)が2連勝を飾った。

 

15時30分から始まった第2戦はドライコンディションではあったものの、レース開始直前にダンロップコーナー付近で少雨が確認されたためWET宣言が出された中でのレーススタートなった。

 

第1戦ではスタートで出遅れてしまった#3 阪口だが、第2戦ではしっかりとダッシュを決めてトップでTGRコーナーを通過。5番手スタートだった#5 金丸ユウ(Sutekina #5)が好スタートを決めて2番手に浮上した。第1戦でトップ争いを繰り広げた2人のバトルが展開されるかと思われたが、#3 阪口は1周目から後続を引き離す快走を披露。3周が終了した時点で早くも3.4秒のリードを築いた。一方、レース中盤に入ると2番手争いが白熱した。#5 金丸の背後に#6 高橋知己(Super License)が追いつき4周目のダンロップコーナーで勝負を仕掛けた。ここは#5 金丸がピジションを守ったが、4番手の#8 篠原拓朗(Sutekina #8)もバトルに加わり、3台による接近戦に発展した。

 

最終的に6周目のGRスープラコーナーから7周目のTGRコーナーにかけて#8 篠原が2台を抜き2番手に浮上。#6 高橋が3番手となり、#5 金丸が4番手に後退した。

 

マスターズクラスは、序盤から#11 植田正幸(Rn-sportsF111/3)と#30 DRAGON(B-MAX エンジニアリング)のトップ争いとなった。メインストレートからTGRコーナーにかけて#30 DRAGONがなんども仕掛けようとするが、なかなか前に出られなかった。それでも諦めずに並びかけていき、11周目についにクラストップの座を奪った。

 

結局、総合トップの#3 阪口は1周1秒以上のペースで後続に対して差をつけていき、最終的には16.9秒の大量リードを築いてチェッカーフラッグを受け、開幕2連勝を飾った。2位には#8 篠原、3位に#6 高橋が入った。マスターズクラスは#30 DRAGONがトップでフィニッシュ。2位に#11 植田、3位に#34 三浦勝(CMS F111/3)となった。

 

#3 阪口晴南

スタートに関しては改善できたと思うんですけど、金丸選手のスタートが僕以上に良かったので、その辺は後で振り返らないといけないなと思っています。できるだけ無理をしないよう走っていたんですけど、基本的にはフルプッシュの状態でした。そのタイムが安定していたので、クルマもレース1より乗りやすかったですし、ドライビングもうまくいったのかなと思います。天気は分からないですけど、ドライだったら今回みたいな展開で終えられるようにしたいです。ウエットに関しては未知数なところがたくさんありますが、チームがどんなコンディションでもクルマを合わせてくれると思うので、しっかり信頼して走りたいなと思います。

#30 DRAGON

予選の時にオルタネーターのベルトが切れたのが原因で、スピードが落ちてしまいました。それがレース1の出走前に(トラブルが)判明して、直しきれなかったのでレース1の出走は断念しました。でも普通にいけば勝てるだろうと思っていたので、レース2は焦らずにいきました。(クラストップ争いについて)前に出てしまえば引き離せることは分かっていたんですが、セッティングの違いなのか向こうがストレートが速くて、なかなか抜けなくて苦労しました。勝てて良かったです。

レース全般に関して

Formula Regional 事務局(FRS)

ケイツープラネット

〒107-0062

東京都港区南青山6-14-11 ロジュ南青山 3-A ケイツープラネット株式会社内
03-6433-5609
info@fia-fr.jp

車両・部品販売について

童夢

〒521-0013

滋賀県米原市梅ヶ原2462番地
0749-52-3232
arimatsu-yoshinori@dome.co.jp

Copyright © FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP.
All rights reserved